冷蔵庫 ダブル家賃 回避

引越しとダブル家賃の回避方法

ダブル家賃 回避

 

引越しのとき、現住所の家賃と新居の家賃を同じ月に支払うのは実に勿体ないですね。

 

まず現住所の管理会社に退去の予告をしてから新居を探しましょう。
入居の際に退去の場合は何ヶ月前に告知することという契約をしているはずですから、引越しが確定したら早めに伝えてそれから新居を探し始めましょう。

 

建設中の新築物件を予約するという方法もあります。
なんせ建設中ですから手付金を支払えば予約ができて、家賃は発生しません。

 

ほかにも1カ月フリーレント(家賃がタダ)という物件もありますので、そういう物件を狙うという方法もあります。
しかしこれらはそう上手くいかないことのほうが多いですね。
住みたい地区に新築物件があったとして、自分が入りたいタイミングで完成するかどうかはわかりませんし、フリーレント物件もうまく探せるかどうかわかりませんね。

 

ですから新居物件の管理会社に相談して、家賃を日割り計算にしてもらえないかなどの交渉をしてみるのがオススメです。
これなら誰にでもチャンスがあります。

 

物件のオーナーも物件をずっと空部屋にしておくのは嫌なので、交渉に応じてくれることもあります。
ダメ元で交渉してみましょう。

 

駐車場を借りている人は、駐車場の解約予告も忘れないようにしましょう。