冷蔵庫 粗大ごみ

引越しと粗大ごみ

粗大ごみ 引っ越し

 

冷蔵庫や洗濯機の寿命は10年前後と言われます。
10年以上経過した冷蔵庫や洗濯機は買い替えも検討しているかと思います。

 

もし引越しを機に買い替えを検討しているなら、古い家電の処分方法についても知っておきましょう。

 

家電リサイクル法で定められている家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分するときは家電を購入した家電量販店、もしくは買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です。

 

リサイクル料として、1000〜5000円ほどかかります。
もし家まで回収に来てもらう場合は回収費もかかることがあります。

 

買い替えを検討していない、買ったお店がすでに閉店している、お店が近くないなどの理由で処分できない場合は、お住いの自治体に相談してみましょう。

 

さて、引越しの際は他にも不要品がたくさん出ますね。
小さなものであれば日々のゴミ出しで処分することができますが、大きな家具や家電はそうはいきません。

 

他の粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
方法には2通りあって@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という方法があります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設(リサイクルセンターやリサイクルプラザなど名前は自治体によって異なります)に電話をかけ、回収日を予約します。

 

次にスーパーやコンビニで粗大ゴミシールを買います。これが回収手数料を払った証拠になります。
このシールを処分したい粗大ごみに貼って指定の時間に指定場所に置いておけば、回収業者が回収に来てくれるという仕組みです。

 

ちなみに粗大ゴミシールは粗大ごみ1個につき1枚必要です。ついでに持って行ってくれませんのでご注意ください。

 

Aの自分で持って行く場合でも、まずは電話で予約します。
その時に捨てたいものの名前を聞かれますから、先にメモなどを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
この場合はごみシールは必要ありません。

 

身分証を提示した後に車の計量を行い、粗大ごみをおろしたあとでもう一度車を計量します。
粗大ごみの量が100kgを超えた場合は手数料が数百円必要になることもあるようです。

 

粗大ごみは不法投棄、不適切処理、ずさんな処理による火災など問題となります。