冷蔵庫 郵送 手順

引越しのおおまかな手順

引越し手順

 

引越しはすることが多いので、必ず先にすべきことを把握しておいてくださいね。
おおまかな手順を記します。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し業者を早く決めてしまいたいですが、新居が決まるまでは正確な価格は出せません。
4階より高い物件はエレベーターがほぼありますが、4階ですとエレベーターがない物件もあります。
エレベータがない物件での4階の引越しは、当然時間がかかりますから費用もその分上乗せされるのです。

 

新居物件が決まったらすぐに引越し業者に一括見積もりして比較し、業者を契約して抑えておきましょう。

 

そしてもし引越し費用を抑えたいのであれば、できるだけ引越し前に荷物を減らしましょう。
不用品の運送費もバッチリかかりますので、不用品は引越し前に処分してくださいね。
売ったり、あげたり、捨てたりと処分方法はさまざまありますが、どれも日数がかかりますので早めに動いて下さいね。

 

市外へ引越しする場合は、転出届を市町村役場に提出します。引越し2週間前から提出できます。
役所に行くなら国民年金や国民健康保険のことも聞いておくといいですよ。

 

電気・ガス・水道会社に引越しする日を伝えて、その日までの料金の精算方法を聞きましょう。日割りで計算してくれます。
もしかするとガス会社の人立ち合いのもと、外のガス栓を閉める作業があるかもしれませんので、確認しておきましょう。
もし新居が市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から使えるようにしてもらう手配もしましょう。

 

郵便物が届かなくなるとたいへんです。
そこで最寄りの郵便局に転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

冷蔵庫はまず中身をできるだけ空っぽにして、2日くらい前に電源を切ってください。
すると霜や氷が解けて水が出てきますので、それらを捨てておきましょう。

 

引越し当日は家財の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしてくれると引越し業者も何度も聞く必要がなくなって助かると思います。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
引越し2週間以内にしましょう。

 

免許証やパスポート、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証なども住所変更が必要です。
それぞれの事業所や会社に連絡して住所変更をしてもらいましょう。

 

郵便物の転送は1年間なので、わすれないうちに行ってくださいね。